愛知・岐阜・三重で特殊清掃、遺品整理はトータルリノベーションサービスへ

LINEで簡単 お見積もり

各種カード払いOK

電話受付 8:00〜24:00【年中無休】 etl:0120-010-251 メール  24時間受付中! お問い合わせ

愛知・岐阜・三重で特殊清掃、遺品整理はトータルリノベーションサービスへ

メニュー

メール24時間受付中 お問い合わせ

LINEで簡単 見積もり

page top

トータルリノベーションサービスの作業実績 トータルリノベーションサービスの作業実績 「特殊清掃」「遺品整理」「ゴミ屋敷清掃」「生前整理」各種豊富な作業実績をご覧ください。

岐阜県 ゴミ屋敷清掃 

不用品撤去・ゴミ屋敷清掃

  • Before画像

    Before

  • After画像

    After

岐阜県にてごみ屋敷の清掃依頼を受けて現地に向かいました。

 

現地到着後、依頼主様との挨拶を終え早速、現場に足を踏み入れました。

 

そこには経験上1,2を争うほどの劣悪な環境が広がっていました。玄関先にはゴミが散乱し、玄関を上がると廊下がゴミの壁になっていて奥がどうなっているかもわからない状態です。玄関を左に向かうとリビングらしき部屋が有り電化製品、家具などが山のように積み上がりペットボトルや猫の餌の空袋が散らばってました。

 

リビングの奥に部屋らしきものが見えますが天井までゴミが重なり間取りも確認できない状態でした。

 

依頼主様から間取りを聞き取り、ゴミの高さから量を算出し見積を提示。ただしリサイクル家電が埋まっていて確認できない状況なので、確認後に別途負担をして頂く事にしました。

 

依頼主様からの情報と要望は

・間取りは3K

尿入ペットボトルが少し有る

生活ごみがほとんど

・4月中旬ぐらいまでに片付けて欲しい。

・大家さんが建物解体をするので解体業者が作業できるように中を空っぽにして欲しい。

 

見積を提示後、早急に手配をして施工に入りました。

 

まず、初めにリビングのゴミの山へ登り作業開始です。足場が悪いため、注意しながら袋詰めし床を目指します。生活ゴミやプラスチック、アルミ缶や小型家電など、細かく分別し膝高ぐらいのところまで掘り下げると、大量の猫の排泄物が敷き詰められており、ほとんどが粘土状になっていて、スコップでの作業になりました。周りを見渡すと猫の毛と乾いた排泄物が部屋中に舞っており、防護服・防塵マスク・防護メガネが必須でした。

 

施工を行なっていると、地域住民の方から色々な情報を聞きこの現場の特殊性が明らかになりました。

・私どもが施工に入る約1カ月前に行政と地域住民によってゴミの撤去を試みた事

・その時は玄関とリビングの一部を片付けた事。

・玄関とリビングには尿入ペットボトルが大量に有り、下水に流して500本ほど処理した事

・行政が健康被害のリスクが大きい為、わずか1日で撤収した事。

どれも見積り時には情報として一切聞いていないものでした。

 

リビングは行政と地域住民の方が多少でも作業をして頂いたおかげで猫の糞の除去に時間がかかりましたが1日で床が見える程度になりました。

 

リビング終了後は奥にある4,5畳の部屋を片付けます。ここから壮絶なゴミとの格闘が始まりました。

 

部屋に入る為に入口から崩そうとしますが、ゴミが圧縮されてなかなか掘り下げる事が出来ません。ゴミの除去の度に電化製品のコードが引っ掛かり、尿入ペットボトルが出てきて一向に進まない状態でした。ゴミの種類は尿入ペットボトル、猫の糞、猫のトイレシート、錆びた電化製品、大人用紙オムツなど。しかもすべて水気を帯びているのでオムツやトイレシートは重くなっています。掘り下げると小型冷蔵庫が3段に重なっていたり、テレビが3つ埋まっていたり、扇風機が4つ埋まっていたりして半分の高さまで到達するのに1日半かかりました。

半分から下は潰れた茶箪笥、幾重にも重なった布団と衣類(すべて尿で濡れている)などが有り、特に布団は濡れていると物凄く重くなります。

臭気も猫臭、人の排泄物臭、カビ臭などが混ざりガスマスク着用での作業なので体力的にも相当消耗しました。

この4,5畳の部屋からは約5tのゴミが排出されました。

 

 

次に6畳の部屋に入ります。

この部屋は画像でも確認できる通り、尿入ペットボトルが大量に有ります。まずは尿入ペットボトルをある程度除去をしてその他の物を分別梱包をしていきます。ビニール、大人用オムツなどが絡みつき、しかも濡れた状態で踏み固まっている為、なかなか崩れません。そこで農耕用の鍬を使用し、掻き出しながら分別梱包を行ないました。尿入ペットボトルはこの部屋だけでおよそ3000本出てきました。驚くのはこれだけではありません。床上80㎝辺りからゴミが土に変わっているように見えましたが、実際は猫の糞が堆積していました。

猫糞の山の中にも尿入ペットボトルが埋まっている為、慎重に崩しながら作業をしました。

 

この部屋は尿入ペットボトル以外で6tのゴミを排出し、尿入ペットボトル3000本を下水処理しました。

残すはキッチン・廊下・トイレとなります。

キッチンの作業に入るにはまず廊下を片付ける事から始めます。

ここにも尿入ペットボトルが多数埋まっていて作業進行を阻みます。しかもキッチンから溢れ出たゴミが重なり合い回収が捗りませんでした。奥に見えるのが乾燥機付き洗濯機ですが外面が腐食しゴミを回収した時に支えが無くなり崩れ落ちました。

トイレの撤去作業も終わり、いよいよ難関のキッチンに入ります。

 

キッチン内部は窓もゴミで塞がれて光が差し込みませんでした。電灯を点ける事もできません。なぜなら水分を含んだゴミである為、漏電の危険性があるからです。主なゴミは尿入ペットボトルと大人用オムツです。オムツは広がった状態で重なりあっている為に1枚ずつ剥がして処理しなければなりません。

3分の1程、処理を進めた所で、オムツ主体のゴミに割れた食器やガラスなどが混ざるようになり、手での処理は危険と判断し鍬とツルハシを使用して掘り下げていくことにしました。ゴミの状況から見て、有毒ガスの発生が懸念される為、防毒マスクの完全着用と連続作業の禁止を施工スタッフに伝え慎重に作業を進めました。

掘り進めていくと、食器棚は潰れて棚の中にまでゴミが詰まっている状態で冷蔵庫は腐食でドアが取れていました。

流し台が見え始めた時に違和感を覚えました。流し台が傾いている様な感じがしました。「床が抜けているかもしれない」と思い、流し台側は最後に処理しました。結果、流し台付近は床が抜けており、流し台も崩れ落ちる寸前の状態でした。

キッチンと廊下で尿入ペットボトル2000本、ゴミの重量5t排出しました。

 

 

ゴミを撤去した時点で依頼主様、大家さんが手配した解体業者さんに現場まで来ていただいて状況とゴミの撤去完了を報告。解体業者さんに「よく撤去できたねえ。これなら解体作業を行なえます。」というお言葉をいただき施工完了となりました。

 

今回のゴミ分別梱包撤去量  約16t

処理した尿入ペットボトル  約8000本

施工完了までに要した日数  延べ12日

 

施工金額 ¥1,300,000-(廃棄物処理代金含む)

 

 

 

岐阜県でのごみ屋敷清掃はトータルリノベーションサービスにお任せください。

施工方法・日程・料金全力でサポートいたします。

相談・見積りは勿論無料となっております。

安心してご依頼ください。

お問い合わせフォーム

http://trsssc.com/contact/

LINEアカウント:trsssc

フリーダイヤル

0120-010-251

(事務所不在の場合でも転送されます。そのままお待ち下さい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 特殊清掃・遺品整理 トータルリノベーションサービス. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.