愛知・岐阜・三重で特殊清掃、遺品整理はトータルリノベーションサービスへ

LINEで簡単 お見積もり

各種カード払いOK

電話受付 8:00〜24:00【年中無休】 etl:0120-010-251 メール  24時間受付中! お問い合わせ

愛知・岐阜・三重で特殊清掃、遺品整理はトータルリノベーションサービスへ

メニュー

メール24時間受付中 お問い合わせ

LINEで簡単 見積もり

page top

孤独死案件:賃貸物件で亡くなられた場合、遺族の負担について

お問合せで「特殊清掃後、どこまでを私たち(ご遺族様)がやればいいの?」という問いかけがよくありますので説明します。

 

自己所有物件についてはご遺族様のご意向に沿って施工内容は確定しますが、賃貸物件は管理会社様との契約で遺族様の負担分が変わります。

 

孤独死案件を例としますと

特殊清掃→遺品整理及び不用品撤去→消臭作業(場合によっては一部解体作業)→原状回復工事→ハウスクリーニング

多くの場合は赤い色のところまでを遺族様でやってもらいたいと管理会社様は要求します。当社の施工実績でも賃貸物件は特殊清掃・不用品撤去・消臭作業のセットが大多数を占めます。

管理会社様はそれぞれに内装工事部署が有るか、契約もしくは翻意にしている内装業者様がいらっしゃるので、このような要求になると思われます。

ここでひとつ注意しなければなりません。

ご遺族様が特殊清掃・不用品撤去・消臭作業を業者に依頼をして施工を完了したとしましょう。その業者のスキルが低く、いざ原状回復工事に入る段階で臭気が残っている、体液が完全に除去出来ていない事が判明した場合、どうなるのでしょう?

答えは管理会社様より消臭依頼が当社のような技術力のある会社に依頼が入ります。私共では「他社手直し作業」と呼んでます。

この「他社手直し作業」の施工代金は原状回復工事に上乗せされてご遺族様の負担となるわけです

 

孤独死案件で相見積もりになった場合たまにありますが、

「当社よりも他社のが値段が安いから、他社にお願いする。」

とお断りの連絡をいただいた数日後、

「他社の施工が終わったけど臭いが取れていない。これ以上は取れないと他社は言うが本当に取れないのか?」

と問い合わせをいただく事が有ります。

原因を特定し、手直し作業をすれば消臭できるのですが、手直し作業代金がかかり結局、そのご依頼主様は最初の当社見積金額より多く出費することになりました。

 

見積り依頼をして担当者に色々と質問をしてみてください。理解が不十分な時や専門用語が出てきた場合、事細かく説明を求めればその業者のスキルがわかります。

当社は見積り・電話相談は無料ですので孤独死案件に遭遇した時、他社施工で納得がいかないときはお気軽にご相談ください。

ブログ記事一覧に戻る

Copyright (C) 特殊清掃・遺品整理 トータルリノベーションサービス. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.